2016年12月2日金曜日

[映像]12/2 原子力市民委員会 声明『新たな東京電力救済策・原子力発電会社救済策は正当化できない』発表&意見交換会



詳細 声明文PDFデータ→ http://www.ccnejapan.com/?p=7394
原子力市民委員会 http://www.ccnejapan.com/

12月14日(月) 原発の事故処理・賠償費用、廃炉費用 誰がどのように負担するのか?
( 主催 原子力市民委員会、原発ゼロの会 他)
資源エネルギー庁ヒアリングを行います。

2016年11月24日木曜日

11月25日午後6時から 市民団体「伊方原発をとめる大分裁判の会」主催で 大分市のコンパルホールで後藤政志 講演会

11月25日午後6時から 市民団体「伊方原発をとめる大分裁判の会」主催で 大分市のコンパルホールで後藤政志 講演会
https://www.oita-press.co.jp/followup/ikata

大分合同新聞で記事にしていただきました。ありがとうございます。

本日11月24日鹿児島市にて後藤政志 講演会

2016年11月22日火曜日

11月23日 福岡県糸島市 24日鹿児島県鹿児島市にて後藤政志 講演会

1123日(水)福岡県糸島市
会場:糸島市立前原公民館。(30人の部屋)
時間:13:30(開場) 14:00~
演題:「後藤政志が語る・・原発を作ったから訴えたいこと」
主催:風下の会

1124日(木)鹿児島
会場:鹿児島中央公民館 ホール
時間:19:00~21:00 
演題:「川内原発の安全性は保障されていない」~福島原発事故を無視した新規制基準~
主催:「原発なくそう!九州川内訴訟」原告団・弁護団
共催:ストップ川内原発!3.11鹿児島事実行委員会

2016年11月17日木曜日

11月17日 東京新聞 朝刊 こちら特報部にコメントしました

2016年11月16日水曜日

11月24日に鹿児島市にて川内原発に関する講演会を行います

以下、FB掲載情報です。
https://www.facebook.com/events/1103875913023435/?active_tab=about

10月6日から川内原発1号機の定期検査が始まりました。新規制基準をクリアしたという理由で去年8月に再稼働されましたが、運転開始から32年も経つ1号機。動かし続けてホントに大丈夫?
 元東芝技術者であり格納容器設計にも携わった経験を持つ後藤政志さんに、格納容器の仕組み、新規制基準の問題点、過酷事故対策や定期検査のことなどについてにお話していただきます。

演題:「川内原発の安全性は保証されていない
     〜福島原発事故を無視した新規制基準〜」
講師:後藤政志さん
   原子炉格納容器の設計・評価に携わった元東芝技術
   著書「原発を作ったから言えること」

日時:2016年11月24日(木) 19時〜21時
場所:鹿児島市中央公民館 ホール
  (住所:鹿児島市山下町5-9 電話 099-224-4528)
入場料:500円(資料代含む)
問い合わせ先:080-6445-2358 (井上)
主催:「原発なくそう!九州川内訴訟」原告団・弁護団
共催:ストップ川内原発!3.11鹿児島実行委員会

2016年11月7日月曜日

メーカー訴訟意見書

後藤政志です。メーカー訴訟意見書を書きました。
メーカー(特に東芝)に対して、私自身の間違いをさらけ出すことで、メーカーの責任を追及するものになっています。
PWRでは、そのまま使えるところは少ないかも知れませんが、渾身の力を振り絞って原発批判をしたつもりです。

メーカー訴訟意見書のダウンロード