2016年8月25日木曜日

[イベント] 9月24日 新規制基準で過酷事故対策は可能か?─原子炉格納容器の役割とその破綻─


[イベント] 9月24日 新規制基準で過酷事故対策は可能か?─原子炉格納容器の役割とその破綻─
格納容器は、設計基準事故(DBA)に対して、放射性物質の拡散を防止するよう設計してきた。新規制基準では、過酷事故(温度、圧力、放射線レベルなどが設計条件を超える)の発生が前提とされている。しかしその前提に立てば、格納容器自体の変形量やフランジの密封機能、電気部品、計装品、信号ケーブル、ケーブルペネトレーション(貫通部)等まで含めて総合的に設計し直さねば、事故対応はできない。原発の安全性の主要な設備である格納容器の設計の建前と現実について整理し、格納容器設計に携わった技術者の視点で問題点と課題について報告する。

【講師】
渡辺敦雄(元東芝技術者/主としてマークⅠ型格納容器の設計に従事)
後藤政志(元東芝技術者・APAST理事長/主として過酷事故時の耐性評価に従事)
【コメンテーター】
小倉志郎(元東芝技術者/原発の設計、建設、保守工事の現場まで広い経験を持つ)
2016年9月24日(土) 14:00~16:30
岩波セミナールーム(岩波アネックス3F)
東京都千代田区神田神保町2–3
資料代:500円(事前登録の必要はありません)

【主催】もっかい事故調*(代表世話人・田中三彦)
*国会事故調において事故の原因調査をしたメンバー(元委員と元協力調査員)有志が、自主的に調査検討を継続しているグループ。
【協賛】原子力資料情報室、NPO法人 APAST
【連絡・問い合わせ先】澤井正子:090‐4422‐5394 mokkai.jikocho@gmail.com

2016年8月5日金曜日

8月13日開催 「やめられない とまらない 原発輸出 東芝問題のなぜ?」


以下の内容でイベントを開催いたします。 
詳細 APAST webより http://www.apast.jp/news/1004/

テーマ:やめられない とまらない 原発輸出・東芝問題の「なぜ?」

未曾有の原発事故を引き起こしながら原発再稼働、原発輸出にひた走るこの国のあり方とは?
国民生活とも密接に関わる経済活動・大企業運営の歪みを解き明かしこの国の行方を考える。

日時:2016年8月13日(土)13:00~17:00

場所:NATULCUK飯田橋東口駅前店 4F大会議室B
住所:東京都千代田区飯田橋4-8-6 日産ビル
(JR東口/地下鉄 有楽町線・東西線・南北線・大江戸線 A出口.徒歩3分)
地図はこちらです→ https://goo.gl/maps/VaEZXrrhaxH2

参加費 一般:1,000円 学生・APAST会員:500円

プログラム:
第一部[基調講演]
13:00~1415 東芝問題と原発輸出企業の現状
14:15~15:15 世界の原発市場一日本はなぜ原発を輸出するのか

15:15~15:30 休憩

第二部[パネルディスカッション]
15:30~17:00
川井康郎(プラント技術者の会・原子力市民委員会規制部会)
鈴木真奈美(ジャーナリスト)
後藤政志(APAST理事長)
筒井哲郎(APAST理事)

懇親会(希望者)
17:30~19:30 (近くの飲食店で)

事前人数把握の為に、事前お申し込みをお願いいたします。
お申し込みフォーム

お問合せ apast.info@gmail.com

皆様のご参加をお待ちしております。

2016年7月22日金曜日

7月30日 フクシマあれから5年「無念」茅ヶ崎上映会

7月30日にフクシマあれから5年「無念」茅ヶ崎上映会に後藤政志がコメンテーターとして上映後のトークに参加します。
お近くの皆様是非ご来場ください。

上映会の詳細はこちら

フクシマあれから5年ー知ろう、聞こう、考えようーシリーズ3「無念」茅ヶ崎上映会
茅ヶ崎市勤労市民会館 6階A研修室 
茅ヶ崎市新栄町 13-32 TEL 0467-88-1331 FAX 0467-88-2922 map 
入場無料
主催:チームみつばち 協力:ピースカフェちがさき
第一部13:30~14:30(開場13:00)
アニメ映画 浪江町消防団物語「無念」上映
第二部14:40~16:00
考えよう・話そう、フクシマ・原発
コメンテーター後藤政志さん(元原子力プラント設計者・工学博士・NPO法人APAST理事長)
震災から5年間、紙芝居で福島を伝えてきた浪江町の町民が作ったアニメーション映画を上映します。

手作りの自主映画作品ですが、そこには当事者にしか描けない想いがあり、商業映画にはない力強さがあります。


アニメーション映画  浪江町消防団物語「無念」 http://matimonogatari.iinaa.net/


2016年7月19日火曜日

大飯原発 設計基準地震動再評価、伊方原発 再稼働について


YouTubeで見る→ https://youtu.be/EsTAhhNlmrM
訂正 竹宮式ではなく "武村式" です。失礼いたしました。
2016.7.18

東洋経済オンライン 原子力規制委に地震動の専門家がいない! 大飯原発・基準地震動の過小評価は深刻 岡田 広行 :東洋経済 記者

東京新聞:「大飯地震動 計算に不備」島崎氏会見:社会(TOKYO Web)


2016年6月29日水曜日

[映像] 原発学習会-原発のほんまのこと- 滋賀大学

演 題 : 原発学習会-原発のほんまのこと- 
講演者: 後藤政志(工学博士、原子炉専門家)・ 守田敏也(ジャーナリスト) 
日 時 : 6月26日(日)13:30~17:00
場 所 : 滋賀大学経済学部
http://rcse.edu.shiga-u.ac.jp/
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/eml/kouenkai2016/20160626.html


YouTubeで見る→https://youtu.be/Rb_qIEt8Pzc


YouTubeで見る→https://youtu.be/Mk5FPOYauV0

関連記事 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160624/ddl/k25/040/502000c

2016年6月27日月曜日

[映像]「原子力発電所とテロ ―ドイツでは」


6月14日CNIC / もっかい事故調公開セミナー 
「原子力発電所とテロ ―ドイツでは」の映像です。
後藤政志がモデレーターをしました。ぜひご覧ください。 
YouTubeで見る→ https://youtu.be/kF9EHEJkjYg
セミナーの詳細 → http://www.cnic.jp/6988

お話 クリストフ・ピストナーさん ドイツ・エコ研究所(原子炉安全部門)

ドイツ・ダルムシュタット工科大で物理学の博士号 を取得。「科学・技術とセキュリティ(IANUS)」 グループの研究員として核問題を研究したのち、 2005年3月から環境シンクタンクのエコ研究所 (http://www.oeko.de)の原子力工学・施設安全 部門に所属。原子力発電の規制基準、欧州連合 ストレステスト、システム分析に関する問題に 詳しい。ドイツ連邦政府環境自然保護建設原子炉 安全省のもとにある原子炉安全委員会の委員をつとめている。



取材をしてくださった東洋経済の記事を以下で読むことができます。

2016年6月24日金曜日

後藤政志公開セミナー「熊本地震と銀視力発電〜科学の限界と安全性の考え方」


hayato yamanakaさんのYouTubeアカウントより

後藤政志公開セミナー「熊本地震と銀視力発電〜科学の限界と安全性の考え方」関西学院大学総合政策学部学部研究会、2016年6月21日 関西学院大学神戸三田キャンパスにて。
司会:吉野太郎(関西学院大学専任講師)講演:後藤政志(元東芝原発格納容
器設計者、博士(工学))

関西学院大学 総合政策学部メディア情報  http://tcc117.jp/fmyy/yamanaka-semi/